教育・サポート
ホーム > 教育・サポート記事一覧 >

カット講習会のご案内

カット講習会のご案内

2015-12-12
    ●クリスタルカットと一般のカットとの違い●

◆従来のカット講習ではカットのパターンを学び、講師の切り方に従って切るだけ、自分で切ると同じ様に切れない。

◆作りたいスタイルが、フロントから切るのか?バックから切るのか?どこから切るべきなのか?理屈が解らない。

◆切るときのパネルの上下の角度が曖昧である。

◆カットを学ぶ際に左右の長さが合わないのには訳がある。

◆比較的お客様の要望を上手く引き出せ無いのでスタイルの完成度が低くなる。

◆ヘアカタログより、長さが短くなってしまう。

◆自分では切り方が解っていても後輩に教える時に上手く教えられない。細かいことを聞かれても納得のいく回答が出来ない。

◆同じサロン内でカットの仕方が違うので教え方が違い、教える時に後輩が困る。

◆よく似合わせと言うけれど、自分が作ったスタイルが正直お客様に似合っているか自信がない。

◆スタイルを作る際に@アウトラインの設定Aグラデーションやレイヤーの高さの設定Bウェイトラインの設定など全てに意味がありスタイルを作る。

☆サロンのカットテクニックのクオリティーアップとは?
 オーナーが切っても、ジュニアスタイリストが切っても同じ様に作れる。誰が教えてもね教わっても解りやすく教えられる。
どんなに上手く切っても、気に入って貰えるか判らない。なぜ、どうしてこのように切ったのか?
スタイルの解説が出来付加価値を与える事が出来る。若いスタイリストでもお客様に上手といってもらえ指名客が増える。

☆ 解り易く覚えられるカットとは?

A.アウトラインナンバーに沿って、カットラインを選択できる。
  初心者でも左右対称にワンレングスボブが切れる。
  切り方だけではなくイメージに合わせ、カットラインを提案する事が出来る。

B.グラデーションやレイヤーカットはどこまでがグラデーションか、どこからレイヤー
なのか?
  説明できますか?またお客様にどの様に説明し、理解してもらえていますか?
  クリスタルカットではこのグラデーションの角度や、レイヤーの角度、全てルールが
明確になっています。
  又、この角度を組み合わせてシルエットを作ります。このシルエットを正面、横、
  後、どこから見ても正確に作ることが出来ます。

C.パネルの引き出し方
  一般的にはオンザベースで切ることが多いようですが、クリスタルカットではパネルの引き出す方向にもルールがあり、作るスタイルにより、切り出すスタート位置がバックセンターからなのか?フロントからなのか?サイドからなのか?説明できるスタイリストはいるのでしょうか?
クリスタルカットでは作るスタイルにより、そのルール通りに切れば左右の角度も長さも、シルエットも同じ様に作れるようになります。
又、お客様の輪郭に合わせデザインし、そのカットの仕方の解説(イメージ、ご提案)も出来るので、お客様の不安が安心、満足へと変わります。
       

  私共潟Vュンインターナショナルでは、美容室様のご要望に答え、クリスタルカット講習を企画する運びとなりました。サロン様のスタッフ人材確保、教育等の問題に対し、カットテクニックのサロン内統一と、約1年でのスタイリスト育成のカリキュラムをご提案させて頂いて降ります。受付は随時受付させて頂いております。20名までの少数受講制でとなります。詳細につきましてはご連絡頂ければご説明させて頂きます。





 連絡先 株式会社シュンインターナショナル 西日本
     〒530-0015 大阪市北区茶屋町8―21ジオグランデ梅田 902
     TEL 06−6486-9062 担当 西田 HP (090-3355-9996)

PAGETOP